無職生活4年目突入  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

2022年8月末の日本株状況

月末恒例保有資産状況です

 

 

8月末の日本株・J-REITの評価額は

7月末 54941827円(8月中に売買した分の増減修正済み)

8月末 56189602円

差 プラス1247775円

となりました

 

8月の日経平均は7月終盤の27500~28000円値固め継続から始まり

お盆期間に1000円超の一気上げで29000円回復

1月の年初来高値に迫りましたが更新はならず

その後は力尽きたのかゆっくりと下降

金利上昇観測によるアメリカ株下落を引き継ぐ形で29日に大幅な下げ

月末終値は28091.53円となり、1ヶ月通して見れば上髭の行って来い相場となりました

 

元夜勤者の日本株ポートフォリオは全般的に小動きななか

決算発表等で材料が出た銘柄の上昇に助けられた形で120万のプラス

外国株はぱっとしないながら再度の円安傾向に助けられて現状維持

結果7月に続き総資産額史上最高更新となりました

 

 

私のポートフォリオ内で上げてるのは

決算良かった博展、高千穂交易、イビデン、旭有機材、IPS、ポート、FPG、UEX

中でも高千穂交易は上場来高値更新、FPGは20%超の上昇でコロナ前水準まで株価回復

月次売上がコロナ前に迫る回復をみせたイオンファンタジー

大幅な上方修正発表のT&K TOKA

香港と上海の持ち分法関連会社を連結子会社化すると発表のイワキポンプ

ほかサーラコーポレーション、アルコニックス、アメイズ、トーセイ、サンフロンティア不動産など

J-REITは上げ下げまちまちで変動幅も小幅

そんな中ヘルスケア&メディカルの上げが大きいです

 

下げてるのは

決算悪かったドラフト、クレステック

決算良かったが反応薄いフリークアウトHD

7月大幅上昇の反動でエーアイテイー

ほか高松コンストラクションG、ラクト・ジャパン、コーナン商事、ハークスレイなど

J-REITでは特に大きく下げた銘柄はありません

 

 

8月中に売買した銘柄は

 

新規買い

8052 椿本興業

椿本チエインが大株主の技術商社 コンベア・チェインなど駆動部・FA関連に強い

オンライン会社説明会で知り監視銘柄リスト入り

第1四半期決算に問題無し 会社見込み通りの通期決算になりそうなので買いました

プライム市場上場維持基準を一部満たしていないのが気がかりですが

歴史ある会社で過去積み上げた利益が潤沢にあり

早々に潰れる心配がなく長期保有で配当貰うのにぴったり

地味、人気無し、手堅い業績なのも元夜勤者好みです

低PER低PBR まあまあ高配当 キャッシュリッチ 無借金 優待付き

 

買い増し

5959 岡部

建設向け仮設資材、型枠が主力

2022年12月期中間決算で通期上方修正発表

コロナ前の利益水準に復帰見込みになったにもかかわらず

株価は右肩下がり継続中

優待対象になる200株にしたいと前々から狙ってまして

いよいよ割安感が出てきたと判断して買い増しです

低PER超低PBR まあまあ高配当 優待付き

 

 

年初来高値更新ならずで出直しの日経平均

年末まで27000~28500円をウロウロするのかなというのが

元夜勤者の個人的な予想です

じっくりと力を貯め込んで、万全の態勢でまた29000~30000円にトライしてもらいたいです

 

※投資は自己責任でお願いします

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

↑クリックしてくれると元夜勤者が喜びます

保有資産の最新記事8件