無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

缶つま届いたので早速一杯やってみた

以前、内外トランスラインという会社の株主優待を紹介しました

「内外トランスラインからカタログギフトが届きました 2021」

内容は2500円相当のカタログギフトだったわけですが

その中から選んだ「缶つま」が届きました

 

缶つま 6缶セット

 

ビールに合う缶つま3缶(牡蠣・牛タン・豚軟骨)と

ウィスキー・ハイボールに合う缶つま3缶(うずら卵・貝柱・鮭ハラス)のセット

パッケージの写真がすでに美味しそう

 

 

早速つまみとしていただきます 今回は牛タン焼きと豚軟骨をチョイス

湯煎で温めてアツアツになった缶を開けます

 

左 牛タンねぎ塩だれ  右 国産豚軟骨直火焼

 

「ビールに合う」ということでアサヒスーパードライの生ジョッキ缶を用意

缶の上部がフルオープンになって、さらに泡が勝手に出来てくるやつです

泡が出てくるところを写真に撮ろうしましたが、溢れてしまってそれどころじゃなくなってしまいました

 

 

さて缶つまのお味ですが

牛タンのほうはタンシチューのような軟らかさの肉にレモン風味強めの塩だれがからんでいます

「牛タン」で食べる時の肉はホロホロより歯応えが楽しめる硬さがいいなぁ

おいしいけどこれはビールより辛口の日本酒のほうがいいかもしれません

 

豚軟骨のほうは黒コショウほか香辛料をバキバキに効かせてます

周りの肉はホロホロ、軟骨は程よいコリコリ食感

これはビールが進む味です おすすめ

 

 

どこでも売ってるサバ缶や焼き鳥缶より量が少ないです

私は、飲む時は食事もしっかり食べたい派で、つまみだけでチビチビとっていうのが出来ません

なのでこの後お茶漬け作って食べました

チビチビ出来る人は缶つま単品で十分でしょう

 

 

残りの4缶も近いうちに食べ切ってしまう予定です

ハイボール買ってこよう