無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

喜劇 愛妻物語 とある家族の日常を覗き見

先週、大阪ステーションシティシネマで観てきた分です

松竹系で上映館が少ない作品を主にここで観てます

 

前回ここに来たのは半年以上前

折角貯まってたポイントが有効期限半年で失効してましたが

貰えるものがドリンク・ポップコーンなのであんまり悔しくないです

 

監督・脚本・原作
足立紳
出演
濱田岳
水川あさみ
新津ちせ
大久保佳代子
夏帆

結婚して10年。いまだにうだつの上がらない脚本家の豪太と、

トキメキを失って久しい妻のチカが、幼い娘と三人で旅に出た。

香川を舞台にしたシナリオを書くための五日間の取材旅行。

しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。

それは旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」というものだった。

 

とある家族の香川旅行をヤマもオチもないまま多少の笑いを挿みつつ描いた作品

喜劇と銘打ってますがそんなゲラゲラ笑える作品ではないです

 

とにかく嫁の罵詈雑言がすごい

全編荒い言葉使いでずーっと文句言いっぱなしで人によっては見てられないのではと思います

ただ、それは夫のうだつの上がらなさ・頼りなさが原因な訳で

例えば、自分の脚本製作の取材も兼ねてる旅行なのに宿はすべて嫁が手配してるとか

文句言いつつもやることはやってる嫁と

稼ぎも無く家事もあまりやらない上に夜の営みはやりたい盛りのダメ夫という大きな差があるので

尻を叩くという意味合いもこめてこの暴言は仕方なしなのかなと思います

ただ、娘がそばに居てても変わりない罵声は娘の成長・教育に歪んだ影響が出そう

 

舞台が香川ということで たまたまですが最近香川に旅行してきたばかりだったので

行ったところ見たところが出てきてちょっと嬉しい気分になりました

 

もう限界、別れると大泣きした後のラスト 文句言いつつ夫の作業を手伝う嫁

心の中では、いつか立派な脚本家になると信じてるんだなぁというのが良く伝わってきました

 

個人的にツボだったのは事あるごとに嫁がキリンの氷結をストローで飲んでる所

これがストロングゼロだったらリアル過ぎて笑えなかった

あと、大久保佳代子がやけに色気付いててこれはアリかもと思ってしまった

こういう気の迷いから不倫とかに発展していくんだろうなぁ 怖いコワイ

 

日常系なのでまったりとした時間を過ごしたいかたはどうぞ

55点