無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

ドクター・デスの遺産 BLACK FILE 重いテーマで考えさせられます

はい今回はイオンシネマ行ってきました

「鬼滅の刃」が変わらずの人気で平日にしてはなかなかの客の入りでした

この人気はいつまで続くんでしょうかね

 

監督
深川栄洋
出演
綾野剛
北川景子
石黒賢

ある闇サイトで依頼を受け、人を安楽死させる連続殺人犯ドクター・デス。

警視庁捜査一課のNo.1コンビ犬養と高千穂は捜査に乗り出すが、遺族は犯人に感謝し嘘の証言で守る。

ドクター・デスは猟奇殺人犯なのか?救いの神なのか?

 

後半失速して尻すぼみ感が強い出来でした

 

安楽死がテーマになっているこの作品

真犯人が判明するまではこのテーマがストーリーに大きく関わってきて

色々と考えさせられる所もあり見応えがあります

安楽死を依頼した人達が犯人に感謝していたり似顔絵作成で嘘をついて犯人を庇ったり

日本の法律では立派な殺人なんだけど、その捜査に協力したくない気持ちも分からなくもない

また、自分がこの立場になったらどうするのか、安楽死を依頼してしまうのか

難しい問題だなと感じました

 

犯人が判明して捕まえたかと思いきやそれはフェイクで

アイツが真犯人だとなってからは安楽死がどうこうっていうのが何処かにいってしまって

真犯人のサイコパスっぷりが前面に出るサイコホラーになっちゃいました

最後の綾野剛vs真犯人もなんかすっきりしない対決でモヤモヤが残る感じです

最後まで安楽死のテーマを活かした展開にしてほしかったです

 

綾野剛は走って殴って叫んで~だけの俳優ってイメージだったのですが

年齢を重ねたからか落ち着いた感じが出てきたような気がします

 

真犯人役のKさん

真犯人だとバレる前と後で別の役者なんじゃないかと思うくらいの変わり様でびっくりします

特殊メイクとかで細工したのかな

 

フェイク犯人役のEさん

こういうクセのある役を上手いこと演じるよなぁと観る度に思います

 

 

序・中盤の雰囲気を終盤まで持続できていたらいい作品だったのにと思います

もったいないなぁ

65点