無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

市役所も三密回避の策を講じていた

今日は国民健康保険の手続きのため市役所に行ってきました

 

正面玄関入ってすぐに「今日は何のご用件ですか?」と職員に聞かれ

健康保険の手続きでと答えると「そちらの椅子に座ってお待ちください」と言われました

 

椅子に向かうところで気が付きましたが、広いエントランスホールが臨時の受付会場になっていて

中央に2m間隔で順番待ちの椅子がポツンポツンと並べてあり

広間の角に「保険」や「納税」などの窓口がありました

 

普段なら用事のある課まで行かなきゃならないわけで

その分だけ長時間市役所内をうろうろされることになり感染確率が上がってしまうと

なるほどよく考えられていますね

 

臨時の窓口も大きなプラ板でみっちり仕切られ飛沫感染防止になっていて

書類の受け渡しは狭い隙間から行うようになっていました

 

待ち時間5分手続き10分で用事は終了

後で調べて分かったのですが

通常は窓口でのみ受付する書類も郵送でOKにしていたり

受付職員の交代制や勤務時間短縮など随所に工夫がされていて

市役所もなかなかやりおるなと思いました

 

コロナが収束してからも便利な市役所であり続けそうです