無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

コンフィデンスマンJP プリンセス編 豪華キャストながら前作には届かず

はい梅雨もそろそろ終わりそうかと思える本日はイオンシネマに行ってきました

平日昼間の客の入りはまあまあで、人が戻ってきてる感じがして良かったです

 

監督
田中亮
出演
長澤まさみ
東出昌大
小日向文世
柴田恭兵
江口洋介
三浦春馬
北大路欣也

世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンド・フウが亡くなった。

遺産を巡り火花を散らしていたブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟の前で執事トニーが発表した相続人は、

誰もその存在を知らない隠し子“ミシェル・フウ”だった。

ミシェル捜しが続く中、10兆円とも言われる遺産を狙い、我こそはミシェルと世界中から詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に大集合!

そして、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人も、フウ家に入り込み、華麗に超絶大胆にコンゲームを仕掛け始める。

 

TVドラマは一切観ていない状態で劇場版前作ロマンス編を昨年観てなかなか面白かったので

かなり期待しつつ今作観ましたが・・・

前作の出来には程遠い感 期待し過ぎでハードル上げすぎたかな

 

こういうダマしダマされっていう話は終盤~ラストのネタバレ部分に、作品の面白さの大半がかかってくると思うんですよ

「あ~すっかりダマされてしまった~」「一本取られた~」と気持ち良く感じられるかどうか

仮にある程度読めてしまった場合でも「思った通りだったな ニヤリ」と満足げになれるかどうかが重要かと

 

前作のネタバレは大掛かり過ぎるものの「ダマされた~」となれたのですが今作はそうなれなかったです

ダマしが小規模?だったからかな

手切れ金目当てで偽のミシェル・フウを連れてくる→本物扱いされてしまったので正式な後継ぎにして金印盗って帰ることにする→赤星が絡んできたので金印は諦めて無事脱出することに専念する と目標がころころ変化して、話しが細切れになったのが原因かもしれません

それに、主役3人が赤星の雇った殺し屋にやられるところ あれはアカンでしょ

主役3人が殺されて終わるわけないでしょ 何かしら仕掛けしてるでしょとバレバレすぎてねもうね

 

あと、最終的に収穫なしってのもスカッと終わらない一因になってるなぁ

多額の準備費用・工作費用がかかってるはずなのに収穫なしだと大赤字なわけで

天才詐欺師ダー子がそれで納得してエエ話しやな~みたいになってる事に違和感がありました

金印は諦めたとしても実は何億かは確保してました~みたいなもうひと捻りが欲しかった

 

キャストが豪華なのは前作以上 ジャッキー・チェンとGACKT出てきたし

五十嵐とデヴィ夫人の無言のワンシーンが笑えました

ウブさと色気の両方を持ってる広末涼子にあんな風に迫られたら誰だって堕ちるに決まってるでしょ

 

という事で不完全燃焼気味な作品でした 次回作の予定はあるのかな

65点