無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

ハロウィン KILLS 3部作の中編で繋ぎ感が強い

はい今回はTOHOシネマズ梅田別館行ってきました

別館には自動券売機が無く昔ながらの対面販売のみで

いちいちどの席にするか言わなきゃならない

そのくせどこが空いてるかはわからなくて店員に聞かなきゃならない

1台でいいので自動券売機導入してもらえませんかね

なんばの別館には2台あるから導入できないってことは無いと思うのですがどうでしょう

 

 

監督
デヴィッド・ゴードン・グリーン
出演
ジェイミー・リー・カーティス
ジュディ・グリア
アンディ・マティチャック
ウィル・バットン
アンソニー・マイケル・ホール
カイル・リチャーズ
ジェームズ・ジュード・コートニー
ニック・キャッスル
ディラン・アーノルド
ジム・カミングス
ロバート・ロングストリート
チャールズ・サイファーズ
スコット・マッカーサー
ナンシー・スティーヴンス

40年におよぶローリー・ストロードと“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズの因縁の戦いに決着はついたはずだった。

しかし、悪夢は終わってはいなかった。

ローリーの仕掛けたバーニングトラップから生還したマイケルは、過去を背負う街ハドンフィールドでさらなる凶行を重ねる。

恐怖に立ち向かいブギーマンとの戦いを選ぶ者、その恐怖に耐えかね暴徒と化す者。

果たして、ハドンフィールドの運命は!?そして、物語はついにブギーマンの正体に迫り新たな展開を迎える―!!

 

 

うーん、普通かな

 

2018年公開の前作「ハロウィン」は観てます

無感情に殺しまくるマイケルとローリーおばあちゃんの一騎打ちが印象に残っています

で、今作もローリーおばあちゃん大活躍かというとそうではなく

前作で傷を負ってしまい、その治療の為病院のベッドに寝かされています

じゃあマイケルを退治するのは誰かと言うと

トミーをはじめとする40年前にマイケルと遭遇、関わりを持ってしまった人達

街の惨劇を追悼するべくハロウィンの日に集まっていた彼らが打倒マイケルを掲げ立ちあがるわけですが

「数の暴力だ」と言っておきながら集団ではなく3人程度で街を各自巡回してしまうのが何ともお粗末

パワーに勝るマイケルにまんまとやられちゃうわけです

 

その虐殺シーンは前作よりややマイルドになっていますが十分に痛そう

無感情に無差別に力任せに殺して行くマイケル いいですね

あとあの人間離れした耐久力は一体何なのか

あれは人間じゃない モンスターか霊的なものに成り変わってしまったのかな

 

ストーリーのほうは、街のとある一軒家の一室の「窓」に異常な執着を持つマイケルが

その場所へたどり着くまで みたいな感じですかね

その過程で邪魔な人々を排除していってるんやなぁと

 

マイケルと「窓」の関係や40年前に関わった人達との関係性など

明かされていない部分がいくつか残っていて

これらはおそらく3作目で明らかになることでしょう

 

あと、「病院にマイケルが現れた」というデマにより暴徒化する病院内の人々

あれは必要だったのかな

「正気を失った一般人集団のほうが殺人鬼より恐ろしいよ」的なことを伝えたかったのかな

いまいちピンと来なかったなぁ

ここに結構な時間割いてるけど丸々カットでもいいんじゃない

 

 

3部作の中編ということで、これ単体で観ても一応は楽しめるけど

やっぱり後編まで観ないと完成品とは言えないし評価もしにくいですよね

という事で、数年後のハロウィンの時期に後編が公開されることを待ちましょう

60点