無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

湿度上がると目に見えて不快

6月の早いうちから梅雨入りして結構たちますが

6月中は雨降っても「あー降ってきたな」程度のことで

部屋で過ごす分には何も変化は無かったのですが

7月入ってからは目に見えて快適さがダウンしています

 

日中は薄い何かが全身ぺっとりと張り付いてる様な感じがして

就寝中は寝汗でベトベトになり眠りが浅くなっています

 

原因はおそらく若干の気温上昇と湿度の上昇にあると思われるので

満を持して今週からエアコン稼働させました

 

といっても冷房じゃ無くて除湿機能のみ

日中と寝苦しい夜にかけてます

 

 

で、除湿の効果はどんなもんなのか気になったので調べて見ました

 

除湿してない時の気温・湿度は

 

 

対して、除湿してからは

 

 

湿度は72%から57%に減少 不快マークが消えてます

除湿機能だけといえ多少涼しい風がでているので気温もやや下がってます

 

この程度の変化で快適さ・過ごしやすさに段違いの差がつくんですねぇ

改めて文明の利器はスゲーなと感じました

 

45歳 はっきり言ってもう若くない

電気代惜しさに不快な環境を我慢するなど、もうできません

今シーズンもエアコン頼みな生活でいきましょう