無職生活4年目突入  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

トップガン マーヴェリック 戦闘機かっけー!トム・クルーズかっけー!

今回は6月1日、全国の映画館が安くなる「ファーストデイ」に観てきました

安い日とはいうものの平日の朝一発目だからか

そんなに混んでなくて助かりました

こういう所が平日動ける人のいいところだよなぁ

 

 

監督
ジョセフ・コシンスキー
出演
トム・クルーズ
マイルズ・テラー
ジェニファー・コネリー
ジョン・ハム
グレン・パウエル
ルイス・プルマン
チャールズ・パーネル
バシール・サラフディン
モニカ・バルバロ
ジェイ・エリス
ダニー・ラミレス
グレッグ・ターザン・デイヴィス
リリアナ・レイ
エド・ハリス
ヴァル・キルマー

アメリカ海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に、天才と呼ばれた男が帰ってきた。

父と親友を空で失った過去を持ち、誰よりも空の厳しさと美しさを知るマーヴェリックだ。

彼は守ることの難しさ、戦うことの過酷さを教えようとするが、訓練生らは型破りな指導に困惑し反発する。

そんな新人たちの中には、かつてマーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースターの姿もあった。

ルースターは、訓練中に命を落とした父とバディを組んでいたマーヴェリックを恨み、対峙するが…。

マーヴェリックはなぜ、もう一度飛ぶことを決めたのか――いま再び、熱いドラマが展開する!

 

 

コロナで公開延期となっていた今作がようやく公開

前作「トップガン」は未見 事前予習もなしで臨みました

 

戦闘機がかっこいい これだけで2時間持たせたといっていいでしょう

訓練と実践でF-18 終盤でF-14 2種の機体が縦横無尽に飛びまわる

それだけで十分に間が持つからすごい

狭い渓谷を左右にすり抜けていくシーンや地対空ミサイルをかわすシーンは

臨場感アリアリで大興奮ですよ

 

ストーリーに関しては

F-18で敵拠点を叩くよ→過酷な訓練するよ→作戦開始そして離脱→無事生還できるのか?

というのを主軸に、アイスマンとの友情やマーヴェリックの相棒だった

グースの息子ルースターとの確執などを周りに配置したという構成で

シナリオ的には厚みがないといっていいでしょう

なのでそういう所を重視する人には物足りない評価になるかもしれません

 

元夜勤者としては、ハリウッド映画を無駄に重苦しくしても意味が無いんじゃないかなと思います

娯楽映画なんだから一目見たその直感で面白いと感じられるほうがいいに決まってますよね

観た回のお客さん、特に若い人が「おもしろかった」「かっこよかった」と

盛んに感想言い合ってたから、ビジュアル重視にして正解だったといえるのでは

 

オープニングで空母からの発進シーンと「デンジャーゾーン」が流れて

「あぁ、トップガンだ」と認識させられる

(前作観てなくてもこれくらいはわかります)

その後も随所に前作を思い出させる、というかリブートしたシーンが満載

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」では孫世代が活躍してましたが

同様にマーヴェリックが教官となって次世代のパイロット達をしごきまくる

世代交代しながらも前作の空気は大切にしてシーンに入れていく

うまい続編の作り方だなぁ

前作ハマった人なら「あ、このシーンは!?」と分かるポイントが満載のようですよ(調べました)

 

主演のトム・クルーズ

1962年7月3日生まれで今年還暦60歳になるとは思えない外見と動き

顔がアップになるシーンでちょいちょい頬が垂れて関○勤(?)っぽく見える部分があり

さすがに老けてきてはいるんだなと認識させられるけれど

それでもかっこいいんだよね~

カワサキ ニンジャで戦闘機と滑走路を並走とか画になりすぎてシビれますよ

この回の上映前には「ミッション:インポッシブル」の新作予告も流れてた(来年公開予定)

まだまだ現役続けるようで映画好きには嬉しいですね

 

 

前作ファンはもちろん、まったくの初見でも楽しく観てられるという

上手に作られた続編でした

あと、戦闘機の迫力・音を体感するなら劇場で観るのが一番

できるだけ大きなスクリーンで観るのをオススメします

ドルビーサウンドやIMAXだったらなお良しです

75点  前作ファンなら85点

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

↑クリックお願いします