無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

日帰りバスツアーで倉敷行ってきた

またまたHISの日帰りバスツアーに参加してきたのでご報告です

日帰り・宿泊問わずバスツアーを探す時は他旅行会社HPも見て検討してますが

HISのプランが一番ぴったりくるというか私に合っているように思います

またお値段が他社より安いんですよね ありがたいです

 

 

10月5日 7時15分

 

いつもの梅田毎日新聞ビル前に集合

すっかり見慣れた風景で、ここへ来ると「さあ始まるぞ」と気合が入りますね

 

いつもの体温計測・体調自己申告・諸注意を済ませてバスへ

今回乗るのはHISのロゴがデカデカと入った青いバス

 

よく見かけるヤツ

 

この青いバスに乗るのは初めてですね

中も青いのかと思ったらワインレッドを基調としたちょっと高級感がある内装

さらに充電用USBの穴とコンセント付きでめっちゃ助かる~

一応持ってきていたモバイルバッテリーをフル充電させてもらいました

最後尾に座ってましたがこれまでのバスより揺れ・振動がややきついかなぁと感じました

 

参加者39名 座席全列埋まって出発

山陽三木SAと瀬戸PAでトイレ休憩を挟みつつ山陽道を西へ

山陽ICで下りて最初の行程シャインマスカット狩りです

 

何かのハウス

 

岡山県赤磐市というところの田んぼ・畑・ビニールハウスが混在してる農村地帯にバス停車

ビニールハウス内のシャインマスカットをひと房ハサミで切り取ります

「木の幹から離れてるほど甘くておいしいらしい」とツアー参加者が言っているのを盗み聞きしてしまったので

それを信じてつるがなるだけ長くどっしりとした見た目のものを選んで刈り取り

 

どれにしようかな
きみにきめた  これで45粒程度

 

ここでは食べる事は出来なくて後日自宅で食べましたが

噛むと果汁がフレッシュジュースの如く溢れて来て抜群に甘いのに後味すっきり

非常に上品で高級感ある味でした

スーパーでひと房800円~しますが、それも納得ですね

 

次は20分ほど走って「西の屋」というドライブインお食事処ですき焼き・松茸ごはん・ぶどう食べ放題

 

土瓶蒸しと茶碗蒸しは食べ切り
ぶどう各種  画像上の黄緑がシャインマスカット  何回も取りにいきました

 

お肉は「○○牛」と名前が付くものではなかったのでまあ普通の質 赤身中心でくどさは無くて結構パクパクいける

ごはんは松茸まあまあ入ってる 炊き方がやや軟らかいが炊き込みご飯は普段食べないので何度もおかわりしました

ぶどうは5種類用意してありましたが、私には皮ごと食べられるシャインマスカットが一番好みでした

果汁が多いので水代わりに食べてました

 

次は山陽道方向へ戻って赤磐酒造へ

酒蔵内部を見学するんですが、それほど奥までは入っていかず写真を見ながらの説明

去年行った金亀酒造くらいガッチリ内部まで見たかったなぁ 残念

 

赤磐酒造

 

その後はお酒試飲と販売 10月1日から試飲OKになったばかりだそうな

ここの看板銘柄「桃の里」の、この時期にしか出回らないひやおろしを購入

実家に持って行って飲みたいと思います

 

次は倉敷美観地区散策

倉敷川を中心に古い町並みが残る一帯を見て回ります

るろうに剣心の実写映画のいくつかのシーンはここで撮影されたそうです

 

観光案内所付近から

 

まずは川船乗船 20分間川の上から観光

船頭さんの解説を聞きながらゆったりのんびり風景を楽しめて500円はお得ですね

 

 

下船してから周辺を少し回って倉敷アイビースクエア内の倉紡記念館を見学

活況期・不況期・戦時中・戦後・現在・未来とクラボウの変遷を一度に学べます

 

倉敷アイビースクエア内  赤レンガ倉庫

 

記念館の後は長い階段を上って鶴形山の阿智神社へ

町並みを見渡せます

 

おもいっきり逆光ですが町を一望
公民館  立派すぎて逆に使いにくそう

 

あとは適当に回って集合時間にバス駐車場に戻ってきて全行程終了

丁度19時、梅田に帰って来ました

 

さて完走した感想ですが

バスツアー参加するたびに言ってますが町散策がいいですね

街中ブラブラするだけなんですが普段と違う風景・町並みを見てる、歩いてるのが

歴史を感じられて良いんですよ

次も町散策があるツアーに参加したいですね

 

食事はもう食べ放題にこだわる必要は無いかな、と言いつつ

ツアー検索かけるときについつい「食べ放題」ってキーワード入れちゃうんですよね~

今回は美味しいぶどうたくさんいただけたしなぁ 食べ放題って魅力的よね

食べ放題ツアーにするけど腹パンパンになるほどがっつかないってことにします