無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

思い、思われ、ふり、ふられ 4人の成長を温かい目で見守る

14日イオンシネマ2本目です

 

監督
三木孝浩
出演
浜辺美波
北村匠海
福本莉子
赤楚衛二

明るく社交的な朱里(浜辺美波)、内向的でうつむきがちな由奈(福本莉子)、クールな理央(北村匠海)、爽やかで天然な和臣(赤楚衛二)。

偶然出会ったタイプの全く違う4人は、同じマンションに住み同じ学校に通う高校1年生。

親同士の再婚で「家族」となり、朱里に言えない恋心を抱える理央。

そんな理央に憧れるけど自分に自信が持てない由奈。

和臣に惹かれていき、自分の感情に戸惑う朱里。

ある秘密を目撃してしまい自分の気持ちに蓋をしてしまう和臣。

1人の告白をきっかけにそれぞれの感情は複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違ってしまう。

 

浜辺美波・北村匠海の「君の膵臓を食べたい」コンビということで「またお前らかい」とツッコミ入れながら視聴

セカセカしないのんびりとしたペースで4人の成長を見守る作品でした

なので誰に惚れたとか誰と誰がくっつくとかはメインじゃなくて成長の結果を目に見える形で表しているんだと思います

 

親との関係だったり元々の性格だったり原因は色々ですが

それで自分に正直な言動ができていない4人がそれぞれのきっかけで自分らしさを出して行こうとする

最初に由奈、次に理央そして朱里と和臣と順に自分らしさを取り戻して行き互いに認め合い受け入れ合ってハッピーエンド

予定調和感はありますがやさしい気持ちになれて良かったです

 

注文があるとすればセカセカしないペース故に上映時間が長い所

観ていてちょっとダレてくるのですがまあこういう世界観なので致し方ないのかなぁ

 

ということで、40代独身男が一人で観てもなかなか楽しめる作品でした

70点