無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

新感染半島 ファイナル・ステージ 「ゾンビ映画」感は薄め

はい、今回はイオンシネマ行ってきました

冬休みが終わったのか未成年は少なくご年配が多い

いつもの平日の映画館の様子となっていました

 

監督・脚本
ヨン・サンホ
出演
カン・ドンウォン
イ・ジョンヒョン
イ・レ
クォン・ヘヒョ
キム・ミンジェ
ク・ギョファン
キム・ドユン
イ・イェウォン

パンデミックが半島を襲ってから4年後。

香港に逃げ延びていた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、ある任務を遂行するために半島に戻ってくる。

任務とは、チームを組み3日以内に大金が積まれたトラックを回収して半島を脱出すること。

チームは順調にトラックを手に入れるも、突如とし631部隊と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。

危機一髪となったジュンソクを救ったのはミンジョン(イ・ジョンヒョン)母娘。

そして、彼らはともに半島を脱出するために協力することになり……。

 

前作は観てませんが観てなくても大丈夫です

 

まあまあでした

とにかく見応えある映像にしよう、観ていて飽きない作りにしようという熱意は伝わって来ます

「ワイルドスピード」のカーチェイス、「マッドマックス」の世界観、「ワールド・ウォー・Z」の全力疾走のゾンビ

ゾンビの視覚が落ちる夜中のシーンが中心で暗くて見づらい感じですが

これら作品のいいところを取り込んで作っているので最後まで飽きずに楽しめます

 

ただ、この作品を「ゾンビ映画」と言っていいかというとちょっと?です

要は、仲間が感染して減っていくとかの「ゾンビ映画あるある」がほとんどない

ゾンビ発生から4年後の朝鮮半島という前作からの設定と

最初の避難フェリー内でのゾンビ騒ぎのところしかゾンビ映画らしい所は見当たりません

そこから先はゾンビをカーチェイスの障害物程度にしか使ってない

そんな扱いだったらゾンビでなくていい、猛獣や敵兵や宇宙人や自然災害でもいい

正統派なゾンビ映画だと思って観たら期待外れになると思います

 

あと、細かいツッコミ所が多々あります

4年前、避難時に見捨てた女性の顔をよく覚えてるとか

覚えてたとしても「あの時の人ですよね」とは言わないだろとか

一般人なのに神エイムだったりゾンビが大量に居るのにボロい自宅で大声で喋ってたり

あんな無線通信でUNから救助ヘリ来ないでしょとか

頭の中の自分が何度もツッコミいれてました

 

今作の大きな部分を占めるカーチェイスは

たぶんほとんどCGなんでしょうね

おもちゃの車が走ってるようで軽く見えることが多かったです

どれだけ頑張ってもCGには限界あるからなぁ

もっと実車を使って撮ってほしいです

 

敵側のファン軍曹とソ大尉は人間臭さを前面に出していて

敵側ですが憎めないキャラになっています

 

 

最後はハッピーエンドなんだけど

良かったーとか感動したーとかそういう心が動くことは何故かわからないけど全然なかった

全編きっちり集中して観られたのになぜだろう 謎だ

65点