無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

元夜勤者は国民年金を払っているのか

満額きっちり払っております

 

世間では、「いずれ年金制度は崩壊する」とか「払った分の元が取れない」とか「自分で運用したほうがいい」とか言われてますが

ばっちり払っております

住民税非課税世帯なのでやろうと思えば支払い免除も出来るんでしょうがやりません

 

何故か

答え 日本で一番おトクな年金保険商品だから

 

「月16540円を20~60歳の40年間払い込めば65歳から死ぬまで年781,700円受け取れる」商品なんて

民間の保険会社ではまず無いし作れないですよ

さらに「死ぬまで」って所が重要で自身が想定している寿命よりもついうっかり長生きしてしまった場合に大きな助けになるので

きっちり入っておいたほうがいいと思っています

 

で、年金不安についてですが年金制度の崩壊は無いと思ってます

制度の改悪はあるかもしれませんが少々改悪されたとしてもなお民間の年金保険よりおトクなのは変わらないですし

国の年金積立金運用は上手くいってるので崩壊してしまうほどの原資不足にもならないでしょう

そもそも、「年金制度止めます」なんて言ったら国民から総スカンくらうのは分かりきってるので

国は制度崩壊だけは何が何でも阻止すると思います

 

「年金制度の未来は明るい!」とまでは言いませんが

少なくとも私が死ぬまでは大丈夫だと思いますよ

元夜勤者のことの最新記事8件