無職生活3年目  のんびりと ひっそりと 自由に生きております

在来線で行く東北周遊の旅 その4

12月18日 旅行4日目

 

この日は回りたい場所が2つあるので早朝から移動開始

6時丁度の東北本線で仙台から小牛田→前谷地→柳津と乗り継いで行きます

途中、駅施設の点検や濃霧で遅れが出ましたが柳津まで無事到着

ここからは気仙沼線BRT(バス高速輸送システム)に乗ります

 

気仙沼線BRT  基本的に路線バスと大差なし

 

バスに揺られて25分 最初の目的地、志津川です

 

南三陸町 旧防災対策庁舎
鉄骨の曲がり具合が津波の破壊力を物語る

 

津波が来るギリギリまで避難を呼びかけた職員が屋上に避難するも津波が屋上まで到達

多くの人が流された場所です

当時のニュースやドキュメンタリーで見た事がある人も多いのではないでしょうか

 

周辺の町役場施設は取り壊され震災復興祈念公園となっており

この建物だけが公園の一角に残されています

 

周りはこんな感じ

 

南三陸町ではこの建物を残すか取り壊すかで意見が二分しています

現在は宮城県が管理していてその期限2031年までにどうするか決めなければならないそうです

 

公園の隣には南三陸さんさん商店街という商業施設が並んでいます

道の駅のようなと言ったら分かり易いかな

観光バスが何台か立ち寄っていました

 

広い駐車場

 

志津川から再びBRTに乗って気仙沼へ

道中は海側の席に座って外を眺めていましたが

仙台の荒浜と同じく津波が襲った場所は何もない空き地で土木機械が作業してるというのがほとんど

もうすぐ10年になりますがまだまだ復興途上なんだなと痛感しました

 

JR気仙沼駅

 

定刻で気仙沼到着

このあとは大船渡線で一ノ関へ向かう予定でしたが雪による倒木で運転見合わせ中

 

実はこの事は朝6時仙台に居た時には知っていました

気仙沼に着く頃には復旧してるかなと淡い希望を抱きながらの道中でしたが

残念ながら希望叶わず

 

しゃーないここは来た道戻るかと覚悟決めてたら駅員さんが

「一ノ関へ行くなら駅前から路線バスが出てるよ」と神の一声

 

ナイス駅員さん!!!

運賃1070円でしたが引き返す時間ロスを考えれば安いもの

のんびり県を越えて一ノ関、そして再び東北本線で平泉に向かいます

 

平泉駅前  どこが車道か歩道かわからない

 

この旅行の中で一番雪が多かったのが一ノ関~平泉のあたりですね

大阪換算だったら何年分だろうかなんて考えながら路線バスで2つ目の目的地中尊寺へ

中尊寺は小高い山の上にあるのでバス停からは雪道を上らないといけないのですが

これが手すりなしで滑って大変 ここは手すり設置でお願いします中尊寺さん

 

中尊寺本堂

 

金色堂は撮影不可なので画像はありません

ピカピカで美しいのはわかりましたが、これが「世界遺産」だと言われるとちょっと「?」ってなりますね

後で調べたら中尊寺だけでなく周辺の寺社や遺跡を全部含めての世界遺産なんだそうです

 

帰りの下り道で2度転び、バス停が分からなかったので歩いて駅まで戻ってJR乗車

本日の宿がある盛岡を目指します

 

JR盛岡駅  フォントが渋い

 

盛岡は寒い 日暮れの時点で気温マイナス 寒いけど雪はそんなに積もってないので歩くのは楽ちん

繁華街方向へ15分歩いてドーミーイン到着

 

私、ドーミーイン好きなんですよね

部屋のセンスがいいのと大浴場が快適、あとハッピーアワーのアルコール類サービスと夜泣きそば

洗濯機、乾燥機が気軽に使えるのもいい

今回は利用しませんでしたが朝食ビュッフェのラインナップもいい

同レベルのビジホと比べると割高なんだけどドーミーインを選ぶ事が多いです

 

あとは繁華街の居酒屋で夕食→風呂→サービスの酎ハイと夜泣きそば食べて就寝

 

 

これにて4日目終了 その5へ続きます